水なす浅漬けが全国区になった一要因

一般的には泉州水なす=浅漬けのイメージが強く、糠に半日~3日間くらい漬けてサラダ感覚のお漬物として食べられています。
全国的にも漬けてから少しずつ糠の中で味が変化するのは珍しく、漬かり具合は食べる人の好みにより異なります。
泉州水なすは浅漬けが絶品です。糠漬けにすることで味とジューシーさが増し、なす嫌いの人でさえ唸るほどの美味しさを味わえます。

004.JPG

泉州水なす浅漬けが全国区となったのは、宅配便の普及によるところも大きいです。特にクール便の発達により全国どこでも水なす浅漬けが楽しめるようになりました。出来たての浅漬けをその日のうちに発送すれば、ちょうどお客様の所に到着するのが食べ頃になっているからです。しかも2~4日は味の変化を楽しめます。
これほどの宅配便時代にマッチした新鮮な贈り物は他に類を見ません。泉州発の水なす浅漬けは、まだまだこれからも全国に広く普及していくものと考えられます。

⇒水なすの「なす伝」ホームページへ・水なす、トマト、野菜のスィーツなどを紹介

⇒水なすの「なす伝」オンラインショップへnasu-den on line shop