水なすハウス、自前再建計画スタート

昨年9月の台風21号で全壊したなす伝の水なすハウス。施工を種苗店に頼んだところ、何と「2~3年待ちですよ・・・」と言われた。 やむなく、自前で建設することに計画変更しました。 写真は、以前アーチパイプを地面に突き刺していたところにいぼ竹支柱を差し込んだもの。こうすることによって、再度穴を空ける手間を省くのです。アーチパイプの納入も、頼んでから2か月くらいかかると言うので、こうしたこと…

続きを読む

脇芽欠き

水なすの定植後、まず初めの作業として、脇芽欠きを行なわなければなりません。 今後の仕立て方に関わって、どの枝を伸ばすかについては、単に「中心の主枝と、1番花の上下にある2~3本の側枝」と当初から機械的に決めておく必要はありません。それ以外にも各枝の勢いなどを含めて、栽培過程でゆっくりある程度の時間をかけて選んでゆきます。 ただし、ここでの脇芽欠きは、仕立てのことなどとは関係なく、早め…

続きを読む

水ナスの第一花、ほころぶ

やむなく貧弱な苗を植えたり、植え付け直後の生育が思わしくなく、1番花が貧弱な時は、1番花を早めに摘花したほうがその後の生育も収量も多くなります。 水なすだけでなくどんな植物も、葉や根よりも結実した果実に優先的に養分を送るため、草勢が弱い状態で果実を成らすとますます弱くなってしまいます。 水なすは、草勢さえ強ければ、2葉ごとに花をつけるので、摘花しても多少収獲時期が遅くなるだけ…

続きを読む