穴子ごうこの瀬戸内アナゴが大不漁

 水なすの古漬けと小海老を炊き合わせた佃煮風の料理をじゃこごうこと言い、目下なす伝でも好評発売中です。この小海老を穴子に変えたものを穴子ごうこ、さらに蛸に変えたものを蛸ごうこと言い、両方ともなす伝のオリジナルです。このうち蛸ごうこは原料となる大阪湾ブランドの蛸である泉ダコの激減・価格高騰で今シーズンはやむなく発売中止とさせていただきましたが、ここにきて大好評発売中でありました穴子ごうこも販売継続…

続きを読む

美味しい水なす糠漬けは肥沃な土作りから

 私の兄は、なす伝の水なす農場ハウスの横の水田で、毎年米作りをしています。その田植えや刈り取りの作業を手伝う代わりに、ワラや籾殻を一手にもらい受けております。幸運なことです。  なす伝の水なす農場へは、そのワラを3~5cmくらいに細かく裁断して畑一面に撒きます。それはもう「これでもか、これでもか・・・」というぐらい、沢山土に混ぜ込みます。また懇意にしていただいている造園屋さんに頼んで、広葉樹か…

続きを読む

水なすは5月~6月が旬

 水なすは本当の旬は4月後半~6月で最も美味しく、次いで4月と7月となり、残念ながら8月になると多少品質がやむなく落ちます。ですので無加温ハウス栽培の場合には1月末から遅くとも2月末迄には水なすの苗を定植する運びとなります。なす伝でも12月末にミニトマトの袋栽培の収獲を終えたところですが、年明け早々に急ピッチで水なす定植の準備を進めています。ハウス内には内張りを施してありますが、写真のように各畝…

続きを読む