水なすの仕立て(誘引)作業

水なすは2葉毎に花が付きますが、枝が伸びにくくなると葉も花も付きにくくなります。ですから日当りを良くし、新しい枝を勢いよく伸ばすためには、伸ばす枝は3~4本に制限し、斜め上方に誘引することが必要です。  水なすの仕立てでは、普通「3本仕立て」か「4本仕立て」のどちらかを選びます。双方で収穫量にそれほど差が出るわけではないようです。なす伝でも年によって自由に選んでいます。3本仕立てでも、4本仕立…

続きを読む

収獲は順調です。

今年の水なすの定植は、1月末と2月下旬の2回に分けて行ないました。2~3月に予想以上の寒波が到来し、定植直後の苗の生育に影響が出ました。1月末に定植したものは、何とか順調に成育し、花を付け結実したものの、2月下旬に定植した分は、寒波の影響を受け1番花が結実したのかどうかすら分らない状況となりました。そして4月となり、両者の生長格差は決定的なものとなりました。現在1月末定植のものを中心に、何とか収…

続きを読む

水やり10年

水ナスの栽培ほど水やりの難しい作物はないです。その名の通り、水ナスの果実は緻密で水分を多く含んでいます。そのため、水やりは晴天の日は何も考えずに毎日やり続ければいいように思われがちです。しかしそれでは根は張らず、水ナスの収量は落ちてしまいます。特に、定植から間もない期間に水を過剰に与えすぎると、その水なすはいわゆる「いじけ易い」木になってしまいます。そのため、その個体は、少し太陽が当たり過ぎただ…

続きを読む